有責配偶者からの離婚請求は認められるのか

【質問】
有責配偶者からの離婚請求があった場合,この離婚請求は認められるのでしょうか。

【解説】
やや複雑ですので,順を追ってみていきましょう

1 有責配偶者からの離婚請求があった場合,
そもそも,婚姻関係が破綻していなければ離婚請求は認められません。
そのため,婚姻関係が破綻していないと判断された場合,そもそも離婚請求が認められません。
有責配偶者の話は出てこないことになります。

2 一方,婚姻関係が破綻してしまっている場合には,有責配偶者の話が出てきます。
仮に婚姻関係が破綻していたとしても,有責配偶者からの離婚請求は認められない!という主張です。

原告が有責配偶者であることは,被告側で立証する必要があります。
被告側で原告が有責配偶者であることを立証できなければ,離婚請求が認められることになります。
一方,被告側で原告が有責配偶者であることを立証できれば,離婚請求は認められないという結果になるのが原則です。

3 もっとも,有責配偶者であったとしても,夫婦間の別居期間が相当の長期間に及び,かつ,経済的に独立していないお子さん(未成熟子)がいない場合には,有責配偶者からの離婚は認められることになるのが原則です。

4 しかし,さらにどんでん返しがあり,
被告側にて,離婚が認められてしまうことによって,被告が経済的に苛酷な状態におかれてしまう等の特段の事情がある場合には,離婚請求は認められないことになります。
一方,このような特段の事情がない場合には,有責配偶者からの離婚請求であっても,離婚が認められることになります。

5 ややこしいですが,
結論的には,有責配偶者からの離婚請求は認められないのが原則だが,例外的に離婚請求が認められることがある,
と理解していただければ大丈夫です。

有責配偶者から離婚訴訟が提起された場合の対応

【質問】
いわゆる有責配偶者からの離婚請求を受けた場合の対応,配偶者が有責配偶者の場合,どのように対応することになるのでしょうか。
小さいお子さんがいる家庭で,財産を多く持っている夫側が不貞をしたにもかかわらず,夫が離婚請求した場合について考えます。

【解説】
一般論として,有責配偶者からの離婚請求は認められないのが原則です。
つまり,夫が離婚訴訟を提起したとしても,裁判所は離婚を認めないのが原則となります。
そうしますと,離婚訴訟を提起された側(被告側)としては,離婚したくないのであれば,シンプルに離婚請求を拒否することになります。
この場合,離婚を拒否することになるので,財産分与どうのという話にはなりません,

しかしながら,実際の訴訟で夫が有責配偶者であると認定されるかは最後(判決)までわかりません。
仮に裁判所が夫側を有責配偶者であると認定せず,さらに裁判所が婚姻関係が破綻していると判断した場合には,裁判所は離婚を認めることになります。
この時,財産分与などの審理はなされていませんので,財産分与などについて裁判所は判決で言及しません。
つまり,シンプルに離婚を認める,という判断が出るのみとなります(親権についても判断がなされます)。

仮に裁判所が離婚を認めてしまった場合であっても,財産分与等を受けられるようにするるためには,訴訟中に,予備的に財産分与の申し立てをしておく必要があります。

不貞をした夫からの離婚請求は絶対に認めたくない,
予備的にであっても財産分与の申立てをするのは弱腰じゃないか,
と思う方もいらっしゃるかとは思います。

最終的にはご本人の判断となりますが,紛争を後に残さないようにするためにも,有責配偶者からの離婚請求があった場合には,予備的に財産分与等の申立てをすることをお勧めします。

特別受益がある場合の相続額の計算を教えてください

【質問】
父が死亡しました。
相続人は,母,私(父の子),妹の3人です。
父死亡時の遺産は3000万円でした。
父は,生前,妹に対して,妹が住むための家の購入費用の援助として500万円の援助をしていました。私はそのような援助はしてもらっていません。
この場合の,母,私,妹が相続することになる額はいくらになるのでしょうか。

【結論】

具体的な取り分は
  お母様が1750万円
  あなたが875万円
  妹さんが375万円
  (合計3000万円)
  ということになります。

【理由】
 お父様から妹さんへの住宅購入費の援助は,特別受益となります。
 特別受益がある場合の,各人の取り分の計算順序は以下のとおりとなります。
 1 まず特別受益がある場合は,その額を遺産に加算してみなし相続財産を算出します。
 2 次に加算後の財産(みなし相続財産)を法定相続分で各人に割り付けます
3 特別受益を受けている方は,その割り付けられた額から特別受益の額を差し引くことになります。

 本件に当てはめてみますと
1 まず,遺産3000万円に特別受益額500万円を加算することになりますので,みなし相続財産は3500万円ということになります。
 2 次にこの3500万円を法定相続分で割り付けます。
   お母様の法定相続分は2分の1ですので,1750万円になります。
   あなたの法定相続分は4分の1ですので,875万円になります。
   妹さんの法定相続分は4分の1ですので,875万円になります。
3 妹さんは特別受益を受けていますので,875万円から500万円を差し引くことになります。そのため,妹さんの取り分は375万円になります。
4 結論として,具体的な取り分は
  お母様が1750万円
  あなたが875万円
  妹さんが375万円
  (合計3000万円)
  ということになります。