確定拠出年金は年金分割の対象とならない!?

離婚をする際の「年金分割」という言葉は一般的に広く知られている言葉だと思います。

年金分割のための調停手続きもあります。

「年金」といっても色々な年金があります。

・厚生年金
・確定給付企業年金
・確定拠出年金
などがあります。

このうち,いわゆる離婚時年金分割制度で分割対象となるのは
・厚生年金
です。

裏を返すと,確定給付企業年金や確定拠出年金は離婚時年金分割制度での分割対象とはなりません。

では,離婚にあたり,確定給付企業年金や確定拠出年金はどのように扱われるのでしょうか。

結論は,財産分与で扱われることになります(財産分与の対象となります)。

確定給付企業年金や確定拠出年金がある場合には,離婚時年金分割をしただけでは足りません。
しっかりと,預貯金や不動産などとあわせて財産分与に計上する必要があります。
この点に注意してください。

配偶者の方に確定給付企業年金や確定拠出年金があるか,事前にチェックしておくといいでしょう。

他の相続人に財産内容を知られずに遺言執行をできるか

【ケース】
生前,母親が公正証書遺言を作成しており,その内容は,財産は全部私に相続させる,遺言執行者は私,となっています。
父は母より前に他界しています。
私には両親をともにする妹がいます。

【疑問点】
妹に相続財産の内容を知られたくないのですが,そのようなことは可能でしょうか。

【結論】
遺言執行者は相続財産目録を作成して相続人に交付する義務がありますので,妹さんに財産内容を知られないようにすることはできません。

【解説】
遺言執行者は,相続財産の目録を作成して,これを相続人に交付しなければならない,と規定されています。
遺言執行者がそもそも財産目録を作成しなかったり,作成した財産目録の記載に遺漏があったりした場合には,損害賠償責任を負うことになりえます。
そのため,本件において,私(遺言執行者)は,相続財産目録を作成して,妹さんに交付する必要があります。

それでは,相続財産目録には何を記載すればよいのでしょうか。
法律には具体的にこれを記載しなさい,ということは書かれていません。
一般的には,財産の名称や預貯金残高を特定できる程度の記載をします。
財産の評価額を調査して記載することまでは要求されていません。
たとえば,不動産については所在や家屋番号などを記載すれば足り,評価額まで調べる必要はありません。株式の評価額や自動車の評価額も同様といえます。
一方,現金や預貯金については残高を記載する必要があるでしょう。

以上のとおり,遺言執行者である私は相続財産目録を作成して,妹さんに交付する必要があります。
妹さんに交付しなかった場合には損害賠償責任が発生する可能性があります。

年末年始休業のお知らせ

当事務所は、令和元年12月28日(土)から令和2年1月6日(月)まで休業致します。

来年1月7日(火)より通常通り業務を行います。

ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

冬季休業期間
12月28日(土)〜1月6日(月)

夏季休業のお知らせ

当事務所では,8月11日(日)から8月19日(月)まで,夏季休業とさせていただきます。
※8月20日(火)より,通常通り業務を行います。
よろしくお願いいたします。

年末年始の営業について

12月も下旬となり、寒さが一段と厳しくなってきました。

当事務所は、年末28日(金)まで営業し、29日(土)より1月7日(月)までお休みとなります。

年始の営業は来年1月8日(火)からとなります。

ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

冬季休業期間
12月29日(土)〜1月7日(月)

相続法改正と債権法改正 自己研鑽

民法(相続法と債権法)の改正について

法曹界では数年前から民法の債権法の改正が多く話題に上がっています。

債権法とは契約に関するルールだと思っていただければ良いと思います。

弁護士会では研修会が行われたり、書籍が発刊されたりしています。

債権法が改正される一方、相続法も改正されます。

2018年7月6日に、いわゆる相続法の改正が成立しました。

こちらの相続法の改正は、法曹界全体でみると(と言っても私から見える法曹界の範囲はたかが知れていますが、)債権法改正ほど話題に上がっていない気がします。

確かに債権法も一般の方々にとって関係深い分野ではありますが、一般の方々にとっては相続法の方が身近なのではないでしょうか(例えば、井戸端会議で、あそこの家は相続でもめてるなんて話をしばしば耳にしますよね)。

私は日経新聞を毎日読んでいますが、相続法改正に関する記事をよく見かけます。

今回の相続法改正には、配偶者居住権(多くの場合奥様の自宅の居住権になるかと思われます)、預貯金の仮払い制度、自筆証書遺言保管制度の創設などが盛り込まれています。

どれも相続が発生した時には重要な制度です。

弁護士は、基本的には激務です(もちろん人それぞれではありますが、朝から夜の10時、11時まで働いている人がわんさかいます)。

弁護士は勉強好きな人間が多いですので、自己研鑽のためにしっかりと改正法の知識をアップデートしている人もいる一方で、普段の業務で手一杯でなかなか改正法を勉強する機会を持てない人もいると思われます。
(弁護士といえど、すべての法律に精通しているわけではありません)

そんな相続法の改正についてこれからこちらのブログで書いていこうと思っています。

三鷹産業プラザ1階カフェ

三鷹の森法律事務所 弁護士の薦田(こもだ)です。

今日は当事務所が入居しているビル(三鷹産業プラザ)の1階にあるCafe Hi famigliaさんでランチを頂きました。

本日のランチ
フライドチキンと野菜甘酢ソースかけ

スープ,サラダ,ライス,そして飲み物がついて1080円でした。

胸肉がびっくりするほど柔らかくて,外側はカリッとしていて,チキンと甘酢のソースが絡み合ってご飯がすすみます。

ボリュームも多くて,とってもおいしかったです。

ごちそうさまでした。

実は,事務所のテナント探しの際に,初めてこちらのカフェにおじゃましたときに,なんて素敵なカフェなんだーと一目惚れしました。

駅から5分,広くてゆったりした店内で,三鷹にお越しの際は,おすすめです。

当事務所にお越しいただいてお悩みを解決された後は,こちらのカフェでおなかいっぱい,一休みしていただければと思います!

三鷹の森法律事務所開設のお知らせ

三鷹の森法律事務所|遺産相続・離婚・男女問題・交通事故・中小企業法務
 

この度、薦田 知浩は新事務所を2018年1月5日から東京都三鷹市に開設いたします。
これまでの間、皆様から、ひとかたならぬご厚誼を賜りましたことを、心より御礼申し上げます。

三鷹の森法律事務所
〒181-8525 東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ410
電話番号 0422-29-9627

※中央線・総武線三鷹駅 南口より徒歩7分
商店街の道をまっすぐ進み、中央通り3つ目(三鷹産業プラザ東)の信号を右折してください。

今回の事務所開設を機に、より一層クライアントの皆様に寄り添い、迅速で、きめ細やかなリーガルサービスを提供できるよう、精進を重ねて参る所存ですので、今後もご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。